エロスタジアム

下の階に引っ越してきた奥さんがエロ過ぎて…

綺麗で美人な奥さんとの夢のセックス

アパートの2階に住んでいる時でした。
下の階に夫婦が引っ越してきました。
奥さんは20代前半で旦那さんは30代前半くらいに見えた。
小柄で綺麗な顔、そして少しぽっちゃりしている、
男性が絶対に興奮する体型です。
夏になると薄いシャツに短パン姿でよく庭の掃除をしている所を見かけます。
薄着だけならまだしも、時には半ケツ出しながら谷間全開の時もあります。
少しだけ乳首ぽっちしている所もわかり、時にはそれをオカズに抜いたこともありました。
ある日、ぼくが仕事から帰ってくると、僕の自宅の前に 隣の奥さんが立っていた。
奥さん「旦那が出張なの忘れてて沢山作ったので食べてください。」
とタッパ―を渡して、家の中に帰った。
せっかくもらったので食べて、洗って夜の8時過ぎに
夫婦の家を訪ねました。
ピンポンを押すと、バスタオル一枚で出てきた奥さん。
正直びっくりである。
「こんな格好ですみません」とい誤ってくるが、そんな事をはどうでもいい。
この時点で僕は顔を真っ赤にしながら下半身はギンギンなっていた。
「お酒は飲めますか?」と聞かれたので「飲めます」と返事すると
家に上がらされた。
しばらくして、奥さんは服を着て、おつまみと酒を持ってきた。
また、この時の奥さんの格好が白のノースリーブに短パン。
僕がいつもオカズにして貰っている格好を真近で見れて尚更興奮度が増す。
シャツの生地が薄すぎて乳の形は乳輪・乳首がはっきり見える。
それから時間が過ぎて、二人とも少しお酒を飲み過ぎた時でした。
僕はトイレを借りて、用を済ませてリビングに戻ると、
テーブルに顔を付けて寝ている奥さん。
時間も時間だったので起して帰る事にしましたが、
全く起きる気配がありません。
そうしているうちに、何度も抜いた奥さんの体に触れている事に快楽を感じた。
この時の興奮は絶対に忘れる事はできません。
旦那がいる女性に触れる…こんな妙な雰囲気に少しだけ興奮してしまった僕は
服の上から奥さんの胸を揉んだ。
何とも言えないマシュマロのような胸に僕の息子はギンギンになっていました。
そして、完全に発情してしまった僕は胸を舐めた。
「あん…そこ…ダメェ…」
完全に旦那さんと勘違いしている奥さんを徐々に激しく責める。
でも、「こんな事はしてはいけない!」と思った僕は手を止めて
「僕…お先に帰ります!」と言って玄関を後にする時、
「なんで…ここまでしといて帰るの?」
「旦那は細菌か待ってくれないの…お願い…気持ち良くするから…」
奥さんは最初から僕から触られている事をわかっていたそうで、
浮気をする目的で僕を自宅に招いたそうだ。
そんな中、お酒の匂いがリアルな雰囲気にしてくれ、
完全に我を失った僕は 無我夢中になって奥さんに抱きついていた。
すると奥さんは発情しているのか、いきなりチンコを舐め始めて
クチュクチュと卑猥な音を出しながら玉や裏筋などを刺激してきた。
余りの気持ち良さにチンコがパンパンに膨れ上がった時でした。
「やばい…もう出る…」射精してしまいました。
奥さん「いっぱい出たね…でもまだ終わらないよ…」
そういって、射精して、チンコに精子が付いているにも関わらず、
騎乗位で挿入し、好き放題グラインドしてくれました。
この後は、奥さんの願望でもある中出しでたっぷり中に出してしまった。
この日から旦那の顔を見る度、心臓が口から出るような感覚に襲われます…